女性ホルモンを活性化させる食べ物はある?食事から身体のホルモンバランスを調整

2020年06月08日

女性ホルモンの活性化で正確に分泌されるには心体共に健康であることが基本で、体に良いとされる食べ物を一つ取ることで、ホルモンのバランスが整うことはまずありません。食生活で必要な栄養を適量でまんべんなく食べることが大切で、それと同時に適正体重であるBMIを維持するように努めます。太り過ぎややせすぎは逆にホルモンのバランスを崩しやすくし、排卵障害や生理不順を招く可能性があります。できるだけ多くの食材を摂取するようにし、カロリーの高いものが取りすぎに注意します。30代後半になると卵巣機能が低下し始めるので、エストロゲンも次第に低下し始めます。

更年期へ向けて体調を整えていく必要があるので、エストロゲンに似た働きをしているイソフラボンを含んでいる大豆食品が良いです。また骨量を補う目的でカルシウムが豊富にある小魚や、乳製品・食物繊維を積極的に摂ることが大切になります。肉や魚・乳製品や卵はタンパク質ですが、細胞のもとで女性ホルモンのもとになっているコレステロールを補うために必要です。エストロゲンと似たような働きをする大豆ホルモンが豊富な、大豆食品で女性ホルモンをサポートしていきます。青魚はDHAやEPAのような、体にとってとても重要な生理機能を持っている成分がたくさんあります。

野菜類はビタミン類が豊富なので、新鮮なものを選んで摂取するようにします。海藻類は低カロリーでありながら、ミネラルや無機質が豊富なので欠かせない食品です。低カロリーで食物繊維やビタミン・ミネラルが、バランスよく含まれているのがキノコ類になります。芋類は主成分が糖質ですが、カリウムやビタミン・食物繊維が含まれているので体に良いです。主成分は糖質ですが、ビタミン、カリウム、食物繊維などが含まれています。

ビタミンB群やEなどがよりバランスよく含まれているのが、ナッツやゴマ類ですが食べ過ぎると脂質の取りすぎになるので、1日の摂取量は守るようにします。女性ホルモンにとって最も良いとされるのは、これらの栄養素をバランスよく含んでいる食事です。

女性ホルモンを活性化するとされる大豆イソフラボンやビタミンB6などが含まれている食べ物を、単体で摂取するのではなく健康的な栄養バランスを考えることが基本になります。逆にインスタント食品を摂取することは、ホルモンバランスへ最も悪い影響を与える恐れがあります。化学調味料が入っている食品は、成長ホルモンの妨げになるので結果的に自律神経に不調をきたします。